著作権フリーの画像を活用するアイデア

著作権がないことを確認しよう

分かりやすく説明する意識を持とう

何を相手に伝えたいのか考えて、画像を選択してください。 いくつか画像を扱っているサイトを見れば、内容にふさわしい画像が見つかるはずです。 妥協すると、せっかく画像を使っても相手に意味が伝わらないので、ホームページやチラシを制作した意味がなくなります。

伝えたい相手の年齢を考えよう

どのぐらいの年齢の相手に、情報を伝えたいのか考えてください。 若い人向けの画像もあれば、高齢の人が好む画像があります。 高齢の人は、あまりにも派手な画像を見ると目が疲れるので避ける傾向が見られます。 シンプルな画像を追加することで、しっかり見てもらえます。

相手に伝える内容を考えよう

ホームページやチラシを作る時は、相手に分かりやすくなるよう心がけてください。
文章だけでは、分かりにくくなってしまう可能性があります。
画像を追加すれば、簡単な文章でも相手に意味を伝えることができます。
自分では、ホームページの内容に合っている写真を撮影することができないかもしれません。
無料で使える写真があるので、それを使ってください。
誰かが撮影した写真や、描いたイラストには通常著作権というものがあります。

第三者が勝手に使うことは許されていませんが、本人が著作権フリーで良いと言っているなら使用しても構いません。
著作権フリーの画像がたくさんあるので、ホームページやチラシを制作する時に便利です。
内容に関係ある画像を選択してください。
全く関係無い画像では、相手が内容を理解できなくなります。
また分かりやすくしようと思っても、画像を乱用することは避けてください。
するとどれを見て良いのか分からなくなります。
大事なポイントが相手に伝わらないので、ホームページやチラシを作った意味がありません。

お客さんを呼び寄せるために、会社のホームページを作ったり商品を宣伝するチラシを制作したりすると思います。
適切な画像を使うことで、お客さんが興味を持ってくれるというメリットが生まれます。
会社の経営状態が向上するので、頑張って制作してください。
写真の撮影やイラストを描くことが苦手でも、著作権フリーの画像があるので大丈夫です。

綺麗な画像を集めているサイトが良い

たくさんのバリエーションが用意されているサイトは使えると思いますが、画質をチェックしてください。 綺麗な画質でないと、ホームページやチラシに使った時に汚く見えてしまいます。 それでは全体のクオリティーを下げるので、綺麗な画像を扱うサイトを選択しましょう。

TOPへ戻る