著作権がないことを確認しよう

伝えたい相手の年齢を考えよう

子供向けの画像を探そう

子供は、リアルな画像よりかわいいキャラクターの画像を好む傾向が見られます。
ホームページやチラシを見せる相手が、必ず大人になるとは限りません。
もしかしたら子供に向けて、制作しなければいけないかもしれません。
子供の心を掴むことで、親にも得宣伝が行き渡ります。
まずは子供に興味を持ってもらうことが、上手く会社の売り上げを高めるコツになります。

イラストをメインに扱っているサイトを使ってください。
動物のキャラクターは、小さい子供から好まれます。
またホームページやチラシを作る時は、小さい子供でも分かるように内容を工夫してください。
まだ文字を読めないかもしれないので、画像で伝えることは大事です。
分かりやすい画像を選択しましょう。

シンプルな画像を使って説明しよう

派手な画像を使いすぎると、結局何を伝えたいのか分からなくなってしまいます。
特に高齢者は派手な色遣いは見るだけで目が疲れるので、ホームページやチラシを見てくれません。
高齢者がメインターゲットになっている場合は、シンプルな画像を選択することを心がけてください。
使う画像の数は、1つから2つがおすすめです。
それ以上になると、どれを見れば良いのか分からなくなってしまいます。

また画像が多くなると、掲載できる文字の数に限りがあります。
たくさん文字と画像を掲載しようとすると、文字が必然的に小さくなって非常に読みにくいです。
そのようなデザインも高齢者から好まれないので、シンプルな著作権フリーの画像を1つか2つ探しましょう。


TOPへ戻る